消費者金融では貸し出しに限度があります。


貸出限度額とは、改正貸金業法により総量規制を柱にした法改正が行なわれ、個人の消費者金融等いわゆるノンバンクにおいて無担保ローンやキャッシングをする金額の上限が他社の借り入れも含めた総額として規制されます。

具体的には総年収の1/3を超えない金額までに制限をされ、その総額は消費者金融各社でなく消費者金融等で借り入れをしている金額の総合計になり、消費者金融等のノンバンクはこの額を超えて貸し出しをする事が禁止されています。

よく見られるのが、消費者金融に関するサイトで、「審査の甘い消費者金融はどこ?」などと言った内容に触れられていますが、どのような審査であっても、総量規制に触れる貸出をすることは出来ないのです。

この総額には住宅ローンや自動車購入時のローンまた、緊急時の医療費支払いに使う為のローンは含まれていませんが、今まで借り入れが可能であった専業主婦は、基本的に年収がゼロの状態なので配偶者の年収証明が必要になり、その借入金額も配偶者の総合計に加算される事になりました。

この貸出限度額はもともと多重債務者が増えるのを防止するのを目的に改正されましたが、この改正により貸出限度額が出来た事により、正規の金融業者から借り入れが出来なくなった人が違法な闇金へ走り、逆に破産者が増えるのではと懸念されています。